特捜部Q ―Pからのメッセージ―
(ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

著 者 : ユッシ・エーズラ・オールスン (著), 福原 美穂子 (翻訳), 吉田 薫 (翻訳)
価 格 : 2,268円
出版社 : 早川書房 (2012/6/8)

 


「特捜部Q」

未解決事件を専門に扱うコペンハーゲン警察の新部署である。

今回「Q」のカール・マーク警部補と奇人アサドのコンビが挑むのは、
海辺に流れ着いたボトルメールの謎。

瓶から取り出された手紙の冒頭には「助けて」との悲痛な叫びが。

書き手の名前の頭文字はP。

しかし、手紙の損傷は激しく、内容の完全な解読は難航した。

Pはどうやら誘拐されたようなのだが……。

過去の記録に該当する事件は見当たらない。

北欧を代表するミステリ賞「ガラスの鍵」賞に輝く著者の最高傑作。

人気の警察小説シリーズの第三弾

著者について
1950年、コペンハーゲン生まれ。

デンマークを代表するミステリ作家。

北欧、ヨーロッパで絶大な人気を誇る。

本作で北欧最高峰の「ガラスの鍵」賞を受賞した。

 

600ページ近い厚みのある本で
気長に時間をかけて読みたい方には
お奨めですね。

古にはミステリーの中心は
イギリス・アメリカでしたが、
昨今は北欧の作家の優れたミステリーが
豊富に出版され、ミステリーファンにとっては
嬉しい限りですね。

未解決事件を扱う特措部シリーズでも傑作の呼び声が高く、
人気が長続きしているのが特徴かもしれませんね。

宗教が絡むので日本人には理解しにくい所もありますが、
その点を差し引いても、スピーディーな展開は
読んでいて気持ち良いものです。

 

 


特捜部Q ―Pからのメッセージ―
(ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

 


 

最後までお読み頂き誠にありがとうございます。
あなたのお役に立てれば幸いです。
日々、安寧でよき時が流れますように