action_check

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引き寄せたい目標が出来た。
実行動する前にするべきこと

 


くの会社では、新年度の期首時や
四半期などに短期、中期、長期計画を立てて
各部署に目標設定させて稼働するものです。

 

また、最近の人事評価の傾向として
半期の始めに個人目標を設定させ、
期末に自己評価させて、人事考課の判断材料としています。

 

会社勤務していると判るのですが、
会社としての利益追求と共に
常に社員各自の自己目標設定があり、
如何にこの二つの組み合わせを効果的に
事項するかが課題になります。

 

大手ではこの問題に対して
「PDCAサイクル」を導入して
仕事をより機能的にかつ無駄を省いて
結果を望む形で得られるように各部署に
啓蒙しています。

 

個人では、中々取り入れにくいと思いがちですが、
少なくても、行き当たりばったりで行動して
無駄な時間を過ごしてゴールを遠のかせるよりは
時間短縮することで挫折を避けられる効果を考えれば
取り入れてみるのは良いことと思います。

 

「PDCAサイクル」は何なのかというと

PはPLANで計画することで、従来の実績や将来の予測などをもとにして業務計画を作成します。

Dは実行を意味し、計画に沿って業務を行います。

Cは行動した内容を評価し、業務の実施が計画に沿っているかどうかを判断します。

Aは改善という事で、実施が計画に沿っていない部分を調べて改善していきます。

 

この「PDCAサイクル」は長期、中期、短期で行う事で
より短時間での目標達成が可能になります。

 

前回までは、目標・願望達成のための「信」とは何かという事で、
基本的な心構えとしての「信念・確信」を持つことが
「引き寄せ」を動かすので、願望が実現することを書いてきましたが、
今回以降は「行」とは何かについて書き連ねていく予定ですので
お目通しして頂ければ幸いです。

 

最後までお読み頂き誠にありがとうございます。
あなたの「願望・目標」は必ず実現すると信じています。
翔望