「アンカー」とは

いつでも自分を最高の状態を持っていけ技術を言います。

 

いつでも、なりたい自分やなりたい気持ちにスィッチをオン/オフができると
自由に自分の思うような生き方が出来ると思いませんか?

 

常日頃、私たちの心理状況や身体状況は
五感(視覚・嗅覚・触覚・聴覚・味覚)が刺激されることで
ある状況が引き起こされるものです。

 

「NLP」では身体的や心理状況を引き起こすこれらの五感の刺激を
「アンカー」と呼んでいます。

 

例えば、朝起きぬけに好きな曲をかけて感情を穏やかにしたリ、
寒風が強い日はつらいと思う気持ちなどを指します。

 

「アンカー」は常に無意識のうちに日常に溢れかえっているので
私たちは見落としがちになります。

 

苦手な上司に報告や会議・打ち合わせの時は気分が
グッと下がってくることもあるでしょう。

 

昔のもう解決した問題であってもその時に感じた嫌な記憶が
よみがえってくるのも「アンカー」の働きと言えます。

 

「アンカー」は同じような刺激が何度も反復されて作られていきます。

 

マスコミがよく使う手段ですが、繰り返し同じ内容の情報を流すことで
一般大衆が偏った知識に流されていくこともこの「アンカー」を使っていると言えます。

 

この「アンカー」を自分の望ましい思い通りの状況にすることを
「アンカリング」と呼んでいます。

 

次回以降は「アンカリング」について掘り下げていくことにします。