ihaveadream

 

 

 

 

 

 

 

 

行き当たりばったりの行動で願望実現は可能か?

中で挫折する人に見られる共通パターンとして
「パッと思いついたら、兎に角行動してみる」という事がありますね。

 

確かに、第6感が働いて最初にやったもの勝ちもんで
計画なしに動いた結果、成果ゼロ!

 

良くある話ではありませんか?

 

衝動買いではありませんが、
思い付きの行動からは望む答えは得られにくいですね。
(私も結構思い付きで飛びついて時間を無駄にしたことはありました。)

 

衝動的な願望というものは、
本当に望むものであるか疑わしいものです。

 

世に知られている多くの成功者は
長い年月、色あせることなく、
諦めずに手に入れるまで頑張れる目標を持ち、
結果、願望達成という喜びを得ています。

 

衝動的な事の良くない処は、
切実に望まない点と計画性も充分でない為、
行き当たりばったりになりやすく、
挫折しやすいという弱点が顕著に見受けられます。

 

その結果、目標達成以前に「諦める」事が
習慣化される危険性につながっていきます。

 

悪いことに「諦める」ことは実に簡単で
精神的に頑張らない分、気が楽になる、
という錯覚を起こしやすいものです。

 

そして、「挫折」が身に付きやすくなるので、
失敗を繰り返します。

 

これを繰り返していくと、「目標・願望を持つ」事が
最終到達点になるので、「目標・願望」を持つことで
満足していくようになります。

 

そうなると、当然「目標・願望を持つ」
次のゴールを探すようになり、
実際にやらなければならない
「目標・願望」を達成させるための行動が
抜け落ちてしまいます。

 

この繰り返しが、やがて「自分は出来ない」と結論付け、
無気力な生活に埋没していくようになります。

 

自分自身の人生を痛快に、思い通りに
生き抜きたいのであれば、ある程度の計画性は持たなければならないでしょう。

 

まず、このブログで最初に書いたことは「信念を持つ」です。

 

「絶対に目標・願望は実現する」という「確信・信念」がなければ
「引き寄せの法則」は働かないでしょう。

 

「信念」「信」を基礎又は柱としなければなりません。

 

次に大事なことは「如何に行動するか」です。

 

会社において、新規事業を立ち上げる時や
年度の初めに社内や部署で掲げる「目標」
達成実現させるためには、戦術が必要になります。

 

社内や部署で掲げる「目標」「戦術」であるなら、
戦術は「行動」と言えるでしょう。

 

一定の行動をすれば、必ず湧いて出てくるのが
疑問であり、乗り越えられるか不安にさせる「壁」というものです。

 

これをクリアするためのは、乗り越えるために
必要な知識を学ばなければなりません。

 

話は変わりますが、
宗教団体に加入して、
教団のイメージ通りに活躍する人は
まず、かたくなに信じ、教団の教えを
知らない人々に伝え歩き、相手に理解してもらうために
協議を学びます。

 

実は、「引き寄せの法則」をフル活用する人には
このような「成功できると信じる」(信)
「成功するために行動する」(行)
「行き詰った時に立ち止まって原因を探る」(学)
というような一連の流れを作るものです。

 

衝動的な思い付きでも、
一度、距離を置いて3つの流れに乗るか否か検討する必要があるでしょう。

 

次回からは「行動」について書き綴っていきます。

 

最後までお読み頂き誠にありがとうございます。

 

あなたの願望が必ず実現すると信じております。
翔望