「NLP」の共同開発者の「ロバート・ディルツ」が解明した「ディズニー戦略」は「ウォルト・ディズニー」の思考法を研究した結果生まれたものです。

この「ディズニー戦略」は「創造性の戦略」とも言われています。

実際に活用するには「3つのポジション」を用意します。

「夢想家」「現実主義者」「批評家」の「3つのポジション」です。

夢想家
願望や夢が実現可能か不可能か全く考えないで、
一切の制限なしで好きなだけ夢・想像・計画を膨らませるポジションです。

現実主義者
「夢想家」が思い描いた願望や夢をどうしたら実現が可能になるか、
実現させるために必要な計画や必要なものをあげていくポジションです。

批評家
現実主義者が考えた計画や物に不足・間違いがないか細かく見ていくポジションです。

どのように活用するかですが、
まず、
1:
目標を決めます

2:
「夢想家」のポジションで自由に発想・思いを巡らせます。

3:
「現実主義者」のポジションについて、現実的に
どのように実現させるか具体的に考えます。

4:
「批評家」のポジションで「現実主義者」の時に考えた計画や
ものについてチェックして不足がないか見直します。

人の協力は必要な時は誰が適任かも考えます。

気を付けるべき事は、ダメ出しをするのではなく、
前向きに批評することです。

5:
最後の「夢想家」のポジションに戻り、
上記の具体的な計画に変更を加えていきます。

目標達成するために「3つのポジション」全てから見て
納得できるまで何度も1~5を繰り返します。

こうして計画したことの実現可能の精度を上げていけば、
行動は容易なもの居なっていきます。