は幼いころから、母親の影響でしょうか映画が好きで、
たまにですが古いモノクロ映画を鑑賞する時があります。

 

その中で、1番好きな映画はアメリカ映画で「カサブランカ」です。

 

この映画の中で描かれている主人公の男性のラストに見せる生き方が好きで
何10回とみていますね。

 

ストーリーを知って言うr方も多くいると思いますが、
簡単にあらすじを追っていくことにします。

 

パリに滞在していた主人公であるリックはある時、
チェコから来た女性イルザと愛し合う事になります。

 

短い金でしたが、真実の愛の時間を共有する二人は
パリが陥落する直前に、モロッコへ逃亡を計画します。

 

ところが、直前になってイルザが約束した駅で待っていても
イルザは現れず、リックは一人列車に乗ってパリを離れます。

 

数年後、モロッコでバーの経営で穏やかに暮らしているリックのもとに
突然、イルザが男性と現れます。

 

イルザと共に現れた男性は彼女の夫で、ドイツ抵抗運動の指導者ラズロで
ドイツ軍からは要注意人物として目をつけられています。

 

ラズロがリックの店に現れたのは、
リックがモロッコから脱出できる通行証を持っていると
知っていて、通行証を譲ってもらおうと考えたからでした。

 

イルザは夫であるラズロを逃がすために
リックに銃口を向けますが、
銃を撃つことが出来ないだけでなく、
心から愛しているのはリックであることを
自覚してモロッコに残ろうとします。

 

リックも誤解していた気持ちから解放され
パリで過ごしていた時と同様にイルザの愛情を確認します。

 

ラストでリックは、
イルザにラズロが抵抗運動を続けられるのは
イルザがいるからだと諭します。

 

イルザは残ろうとしますが、
説得されリックと別れて脱出していきます。

 

ラストシーンは霧に消えていくリックで終わりますが、
この映画を見て気付いたことがあります。

 

リックは望むものを手に入れました。

 

そして、それを手放しました。

 

手放さない自由をもっていたも関わらず、
愛する人の安全と戦争を早く終わらせるために
抵抗運動しているラズロを生かせる為にイルザと別れます。

 

このようなケースは現代では考えられないだろうし、
自分が引き寄せたものを手放さないというのが
普通の心理状態だと思います。

 

でも、自分は真実の愛情を知ることが出来て、
良き日々を暮らした思い出の中で生きてゆける時、
社会の平安のために戦う人の役に立ち、
実際に穏やかな生活が手に入れられるなら、
我欲を捨てて、大義の為に手放すこともあるのではないでしょうか?

 

今回は「引き寄せの法則」で臨むものを手に入れた後に
手放すことがあるか考えてみたいと思い一文書いてみました。

 

「カサブランカ」は悲恋もの?として名作ですが
俳優さんの渋くて恋愛映画を見たい人にはお勧めです。

 

 

カサブランカ メモリアル・エディション (初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]