色々な人

と接していると、どうしても人間関係が上手く行かないことは多々あります。

 

「NLP」ではこのような場合、
「人間関係を3つの視点からとらえ直す」ことをします。

 

これを「ポジション・チェンジ」と呼んでいます。

 

「ポジション・チェンジ」では3者の視点から問題を見ることをします。

 

「ポジションチェンジ」で言うところの
「3つの視点」とは
1: 自分自身からの視点 -あなたの主観的な視点を指します。

2: 相手が捉える視点 -相手の考え方や気持ちや感情、立場などから感じる視点です。

3: 第三者としての視点 -当事者同士の視点ではなく、純然たる傍観者が捉えている視点を言います。

 

この様な3つの視点から一つの事象を捉えることで
それぞれが全く違うイメージを抱いていることが判ります。

 

具体的な行動から3つの視点を考える方法

 

会社では時に営業職の人などが良く行う訓練に
「ロールプレーイング」があります。

 

今回の「ポジション・チェンジ」を具体的に行う場合、
「ロールプレーイング」形式で行うと判りやすいかと思います。

 

また、慣れてくると一人でできる方法でもあります。

 

まず、座る場所を2か所(一つは自分用、もう一つは相手用)用意します。

 

椅子を2脚要しても良いでしょう。

 

座る場合は互いに向き合うようにします。

 

向かい合うように座るという事は
問題となっている人間関係を再現する意味合いがあります。

 

一人で行う場合は、向かい側に相手がいるとイメージし、
自分が相手に対して感じていることを相手に向かって語りかけます。

 

いつも相手と接している時の気持ちを思い出しながら話すとよいと思います。

 

また、立場を変えて相手側に移動したら、
今度は相手の視点で話をしてみます。

 

相手がどう感じるのか?
自分をどう見ているか?
などを考えながら話すとよいでしょう。

 

最後に、2つの場所を上から見てみます。

 

これは、自分と相手の両方を第三者の立場で見る訓練です。

 

ここでは第三者の視点で全体を俯瞰するように観察します。

 

相手と自分の置かれている状況を客観的に観察します。

 

こうすることで、自分と相手、更に全くの第三者の見方が判るようになります。

もし、今まで気づかなかった新しい事に気付いたなら、
この「ロールプレーイング」は成功と言えます。