reading_a_book

 

 

 

 

 

 

 

 

TV
のインタビューで「美女と野獣」に主演している「エマ・ワトソン」
言ってたことに、彼女は大変な読書家で同時に3,4冊の本を時と場所、気分で
読みわけていると話していました。

 

W主演の「ダン・スティーヴンス」は17冊同時で読んでいるとも話していましたが、
これは嘘くさく感じれましたね。

 

私も学校に通っている頃は、
良き帰りの電車、バスに乗っている時に1冊、
家に帰って寝る前に1冊、
私が通っていた学園は、
幼稚園から中学校、高校、短大、大学とあったので
自前の図書館が学園内にあったことで
放課後は毎日、そこへ通い、
図書館内で1冊と同時進行で、3冊くらいは読んでましたね。

 

本というのは、読みなれてくると
自然と速読が出来るので、
多い月は20冊近く読んでましたね。

 

今でも500ページくらいの短編なら1日で読み切ってしまいます。

 

その影響からか、私の憩いの場所は、大型書店か図書館です。

 

さすがに会社務めをしていた頃は
仕事関連の本を1冊か必ず、持ち歩いてました。
(同時に数冊読む暇がなくなりましたが)(泣)

 

ある人は、同時に数冊の本を読んで
理解できるのかといいますが、
脳が切り替えが柔軟にできることと
記憶力・集中力を鍛えれば決して不可能ではありませんね。

 

何故、同時にジャンルの違う本を病んだのかと言えば、
根底には気分に合わせて何ですが、
「固定観念」を出来るだけ持たない為の訓練と
当時は勝手に能書きを行ってましたね。

 

これが功を奏したか今は正直言って判りませんが、
少なくても「出来るだけこだわらない」境地に
自分を置くことが出来たかもって思っています。

 

一つの事にこだわりすぎると、
それ自体が正しいことで、それ以外はすべて
排除してしまうと、他人から頑固者と言われたり、
自分もそうしないと気が済まなくなり、
他人に対して攻撃的になったりします。

 

例えば、電車やバスにある「優先席」ですが
健全に見える若者が座っているところに
老人が目の前に立って「席を譲れ!」と文句を言う場面に
出会ったことがありますが、
「優先席」は必ずしも老人が必ず座ってよい場所ではありませんね。

(参考映像で本文とは関係ありませんので勘違いしないでくださいね)

 

 

実は、座っていた人は障碍者で、
バックにヘルプマークを付けていました。

これは、義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、
または妊娠初期の方など、外見から分からなくても
援助や配慮を必要としている方であることを示しますが、
認知度が低くて知らない方が多いのが現状です。

 

偶々、補助の方が近くに立っていて、
老人に説明されていましたが、
その老人は「そんなマークなど知らん!!
紛らわしいことするなっ!!」と捨てセリフを残して
別の車両に移動しました。
(とても不愉快な場面でしたね)

 

このようなこだわりが起こす摩擦は、
日々どこかで起こっているものですし、
殺伐とした社会になったこの日本では
永久になくならないでしょう。

 

歩きスマホを注意して逆切れされるなんてことも起きてますね。

 

こだわりを出来るだけ最小限にすれば、
日々の摩擦も解消できるだろうし、
問題に行き詰っても、別の方法を早い段階で考え付くものです。

 

絶対に間違っていないと、1つの方法にしがみつくと
ずっと先に見える目標もなかなか近づいてこないし、
自分を追い詰めて挫折えと導かれるかもしれません。

 

世界に誇るトヨタも純粋な国産車を
生産するためにあらゆる方法を試したものです。

 

また、同じように本田宗一郎も最終目標に到達するまで
艱難辛苦試しては失敗を繰り返し、
色々な方法で成功へ突き進んでいきました。

 

このような、成功例を見ていくと
最終目標はぶれないけど、そこに至る過程は
紆余曲折するものなんですね。

 

一つの方法が成功への道を回り道にするなら、
もっと確実に早く達成する道を探せばいいんですね。

 

今回は数冊の本を同時に読むことから、
こだわりを捨てると自由に動けるんだという事を
拙い文章で書き連ねてみました。

 

お役に立てれば、祝着至極です。

 

最後までお読み頂き誠にありがとうございます。
あなたの願望が必ず実現すると信じております。
翔望

 

お奨め書籍

FUCK IT 「思い込み」をぶっこわせ!:
人生が劇的に軽くなるひと言 (単行本)