Scratch

 

 

 

 

 

 

 

 

 


日のことですが、長女が大型書店に行くというので
私に声をかければ、行きたがると分かっているので
誘ってくれ、いそいそと立川のジュンク堂へお散歩がてら
新刊を眺めに行きました。
(手ぶらで帰ることはないのです (*тлт)σ”)
k_shimizukohbunyui_nitobe

(今回は3冊買いました)

 

最近気になっていることは、戦後70年過ぎて
この国が如何にアメリカに蹂躙され、腑抜けになったことは、
先の戦争で日本の未来を信じて命を投げ出した兵士の
気持ちを鑑みると、70年前の真実を解明して、
未来に何らかの足跡を残さなければならないとの使命感から
資料として購入したまでです。

 

長女も探していたコミックやライトノベル(約10冊くらい)
買えたのでルンルン気分です。

 

関係ない話ですが、長女が転職した会社は
40年くらい前に恋愛小説専門の出版社が
コミックを編集・出版している編集社で、
入社5課くらいにも関わらず、
社員に配っている図書カード(約15,000円分)頂いたことが
今回の大量購入につながっています。
さすがに二人合わせて13冊の本が入った
袋はそれなりに重いのですが、
好きなものを持っているのは、苦痛ではないんですね。
,,*”( ^▼^)*,,
書店に2時間近くいたので、出てきたら
昼過ぎていて、食事したいという長女に
従いレストラン探しで駅へ歩き出したのですが、
そこでふと思い出したことが、
そういえば宝くじ買いたいなァという何となくの気分で
当たりがよく出る宝くじ売り場にGO!しました。

 

何時も行列ができているくらい人気の売り場ですが、
偶然並んでいる人もいなくて、私は連番で10枚購入。

 

長女はスクラッチで4枚購入し、その場ではがし始めました。

 

4枚というのは自分を入れて弟、妹4人という事らしいです。

 

何と!!その中の1枚が当たりで
当選金額は
「10万円!!!」

 

訳がよくわからない私を無視して、
窓口に戻った長女が当たりのカードを差し出すと
おめでとうございます💛」の温かいお言葉。

 

当日が土曜日という事もあり、
銀行にて支払いが行われるというので
その場で証明書?を頂き、
何故か二人幸福感に包まれました。
(冒頭の写真ご参照くださいな)

 

食事するレストランで当たりのカードをじっくり眺めながら、
実感したんですね。

 

絶対当ててやるなんて全く思っていないのに、
幸運を引き寄せたなんてことがあるんです!!

 

まあ、この当たった金額は貯金で落ち着くので、
大事にしまってほしいと思っています。

 

少しでも高額当選すると、直ぐに使わなければって
考えやすいものですが、そういう人って結局、
最後の何も残さないで、失意に陥るんですね。

 

お金には羽が生えているので、
常に財布から出ていこうとするんです。

 

たまに、自分にご褒美でプレゼントするなら、
良いでしょうが、欲しくもないものに消費するのは
いかがなものかって自分は思っています。

 

どうせ使うなら、社会に有意義であり、
且つ自分の成長につながることを願いながら
帰宅した次第です。

 

最後までお読み頂き誠にありがとうございます。
あなたの願望が必ず実現すると信じております
翔望