い出したくないような嫌な過去の出来事を
自分の望むようなイメージに変えることが出来るとしたら・・・・

 

自分の嫌いな部分を、望んでいる自分に変える技術を習得出来たら・・・・

 

今までも、色々と自分を変える手法を取り上げてきましたが、
「NLP」には「ビジュアル・スウィッシュ」という技法もあります。

 

「スウィッシュ」とは「シュン」という効果音を意味し、
直訳するとバスケットボールなどでシュートした時に
リングに当たらずゴールするシュートのことを言います。

 

「ビジュアル・スウィッシュ」 とは、

「自分が経験した嫌なイメージを望む形のイメージに入れ替える」ことを言います。

 

「ビジュアル・スウィッシュ」を実践する時の注意点は、素早い事が大切になります。

 

一例としては
1: 自分が経験したくない嫌な場面を思い出します。
「顧客に対するのが苦手」、「厳しい上司と仕事の話をすると緊張する」等
その際、場面が始まる時の目印となる視覚情報を見つけておきます。
「クレームで怒っているお客様の目」、「イラついている上司の顔」等

 

2: 嫌な場面の代わりに自分が望む行動をしているイメージを思い浮かべます。
「笑顔でお客様と歓談している」、「上司に積極的に話しかけている自分」等

 

3: 「1」で目印としていた視覚情報を明るく描き出します(できるだけ大きくする)。

 

4: 「2」の望んでいるイメージを出来るだけ遠ざけ小さく暗く思い描きます。

 

5: 「スウィッシュ」の効果音「シュン」という音共に「3」のイメージを
一瞬のうちにはるか遠くの遠ざけ小さくします。

 

その後、「4」のイメージを入れ替え、一瞬のうちに大きく明るくして
目の前に描き出します。

 

この作業を5回、6回、7回と続けて繰り返します。

 

自然と自分の中の意識が入れ替わり、不快な問題と感じていたイメージが
気にならなくなっていることの気付くでしょう。

 

やがて、その結果が現実の自分の行動が望む形として動けるようになっていきます。

 

最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
あなたの望む願望は加奈ら字手に入れることが出来ると信じております。
翔望