加齢臭とは??


世間では「加齢臭=おじさんの臭い」という風潮がありますが、
加齢臭とは中高年男性特有の臭いなのでしょうか?


人間は生きている限り誰でも体臭を持っていますし、
若い人にも特有の体臭があります。

「おじさん臭い(加齢臭)=不潔」な印象を与えないためにも、
加齢臭の原因と発生、予防方法を知って
周りに不快感を与えることなく生活したいものです!

加齢臭は過去「おやじ臭」などと言われていた
中高年男性特有の臭いの代名詞になっています。

資生堂が行った「日常生活で気になる体臭」のアンケート調査で、
口臭についで「中高年特有のにおい(加齢臭)」
第2位に挙げられるなど、人々が「加齢臭」を気にしていることが分ります。

「おじさん臭い(加齢臭)=不潔」という印象を与えないためにも、
加齢臭の原因と発生の仕組みを知っておくべきでしょう。

2000年12月11日、資生堂の研究所により、中高年特有の体臭は、
不飽和アルデヒドのノネナールであることが発見されました。

加齢臭の解明方法は、20代から70代までの男女が着た、
ポロシャツに付着した成分を分析したところ、
男女ともに40代以降の年代から加齢臭の原因となる
ノネナールが検出されたことから、資生堂が加齢臭という名称を付けました。

加齢臭の成分は、青臭さと脂臭さを併せ持ち、
男女の性差がなく、40歳以降に増加が認められます。
加齢臭の原因となるノネナールの臭いは、
ローソクや青カビ臭いチーズまたは古い本を
置いてある図書館などに漂う臭いと言えるかもしれません。

加齢臭は40歳以降からの臭いなので、昔は、おっさん臭いとかオヤジ臭いとか、
言われていたのでしょう。男女の性差がないと書きましたが、男性の方が多く発生するようです。
これは、もともと男性の方が皮脂の分泌量が多い事が第一の原因だと言われています。

過剰に肉類を摂取すると、皮脂に含まれる脂肪分も多くなり、分解するノネナールも多くなります。

またストレスを溜めることによっても、加齢臭がひどくなります。

ストレスを多く持ち、食事が偏ってしまうと、
老若男女問わず、加齢臭が発生するおそれがあります。

加齢臭は、自他ともに色々な体臭が混ざり合った臭いです。

人間の体臭には口臭や頭皮臭、ワキガ、汗臭など様々あり、
それらと加齢臭の原因となるノネナールとは違います。

加齢臭は、40代以降の中年特有の臭いですが、
他の体臭と違って、ノネナールの分解で発生する臭いなので、
いわゆる体臭の一種だと思うのは、間違いです。

たとえ加齢臭が発生しなくても、結局は身だしなみや
印象次第でオヤジ扱いされるかも知れませんので、注意しましょう。

加齢臭の原因「ノネナール」とは
ノネナールとは汗腺のそばにある皮脂腺から出る脂肪酸が、
酸化したり、あるいは皮膚表面のバクテリアの醗酵によって
出来る不飽和アルデヒドのことをいいます。

加齢臭を発生させる第一の原因は、ノネナールです

アルデヒドと言えば、アルコールを分解するアセトアルデヒドの仲間で、
二日酔いの翌日、酒臭さを発散させるのもこの手の類です。


複数の物質がありますが、体臭を感じさせるのはノネナールが強いようです。

40歳以降になると、ノネナールが増えるので、加齢臭が発生するのです。

ノネナールは、男女ともにあります。特に男性の方が活性化酸素に弱く、
加齢臭が発生する可能性が高いのです。

加齢臭の増加のしくみ
なぜ、年齢を重ねると中高年特有の臭い(加齢臭)の正体「ノネナール」が増加するのでしょうか?

人間の皮膚表面には、皮脂腺があります。

この皮脂腺から脂肪が滲み出ることによって、皮膚にツヤと潤いを与えています。

40歳頃から、私達の身体は酸化に対する抑制力が低下します。

つまり、活性酸素に対する抵抗力が弱くなることにより、
脂肪酸の分解、脂肪の過酸化を防ぐ力も弱まり、
その結果「中高年特有の臭い(加齢臭)」の原因といわれる
「ノネナール」を発生させるといわれています。

「加齢臭」は男性に多い?中年女性にも加齢臭はあるのか?

加齢臭の正体とされる物質、ノネナールは中高年の男女
ともに性差無く発生する臭いのもとです。

20代30代の人の体臭からはほとんどノネナールが
検出されなかったのが、40代以降の人では男女を
問わず検出されたという調査結果がでています。

この、中高年の男女ともにノネナールが検出された結果から、
加齢臭は中高年のおじさん特有の臭いでは無いといえます。

しかし閉経前の40歳代の女性はまだ女性ホルモンを持っているので、
男性よりも酸化に対する抗制力が強いといえます。

だから男性の方が酸化に弱いのでノネナールを発生させてしまうのです。

人間なら誰でも加齢による皮膚や皮脂成分の変化は当然起こることなのですが、
中高年男性は身だしなみや清潔に対する意識が他の世代よりも無いために、
「加齢臭=おじさんの臭い=不潔」という
イメージになってしまうのではないでしょうか?

では、加齢臭はどうやったら予防・軽減できるのでしょう?

加齢臭に有効!抗酸化力を高める栄養素と食品

ポリフェノール
ポリフェノールの抗酸化力はとても強力で、活性酸素を除去し、
生活習慣病や老化の予防に効果を発揮してくれます。

すなわち、加齢臭対策に有効なのです!

ポリフェノールは抗酸化力を高めるだけでなく、
体にいいものなので積極的に摂取したい栄養素です。
ポリフェノールを摂取する方法は、1回の食事で大量に採るのではなく、
少しずつポリフェノールを含む色々な食品を摂取する方がより効果的です。

各ポリフェノールとポリフェノールが多く含まれる食品
カテキン…緑茶
アントシアニン…ぶどう、ブルーベリー
イソフラボン…大豆、大豆食品
ビタミンC、Eやbカロテンなども抗酸化作用があることで知られています。

脂肪、タンパク質の多い偏った食事を採らない
脂肪分を多く摂取した場合、そうでない場合の
1.5倍の皮脂量が分泌されるといわれています。

また脂肪やたんぱく質の過剰摂取によって肥満や高血圧、
糖尿病などの重大な病気を引き起こす恐れがあります。

タバコ、アルコールを控える

タバコから出る煙はニコチンなど害のある物質ですが、
タバコは活性酸素そのものを作り、抗酸化力を高めるために
必要な物質であるビタミンを破壊します。
喫煙を続けることによってなおさら体内の抗酸化力が
低下してしまいます。

加齢臭対策のためだけでなく、
あなたと家族の健康のためにも、禁煙しましょう!

また、お酒の飲みすぎも活性酸素を生んでしまうので、
アルコールはほどほどにしましょう。

ストレスを溜めない、規則正しい生活をおくる
呼吸をすることで、わずかな活性酸素が発生してしまうのですが、

ストレスにより血管が強く収縮し血流障害が
おきることで大量の活性酸素が発生します。

過剰に臭いを気にしすぎると、それがかえってストレスになってしまいます。

それが原因で自己臭症や対人恐怖症になり、
かえって人間関係を悪化させさらにストレスが溜まる、
という事態にもなりかねません。

趣味などで上手に気分転換して、
規則正しい生活をおくるよう心がけましょう。

加齢臭を気にしすぎのも、余計に自分の加齢臭を
ひどくさせていると思い込ませている要因になります。

体を常に清潔に保つ

やはり加齢臭も体臭・足の臭いなどと同様、
一番大切なことは、体を清潔にすることです。
洗浄力の高い石鹸で皮膚表面の皮脂を洗い流し、
汗をたくさんかいたら下着を取り替えて臭いのもととなる細菌の繁殖を防ぎます。

下着は必ず着用し、汗の吸収率の良い木綿素材が良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ