スポンサーリンク

official髭男



L’amore si muove

 

 

本では絶対に結成されないだろうジャンルのアーティストが
ヨーロッパやアメリカにはいるものです。

 

アフリカにも独特なリズムをベースにした優れたアーティストもいますね。

 

欧米で認められるケースの基本的な共通事項は
「Classic」がベースになっていることです。

 

日本ではこのような「Classic」をベースにしたアーティストが
出てこないのは、日本における「Classic」の歴史は大変短い事と
ポピュラーな世界に参加するにはアーティストが少ないのが一因でしょう。

 

「Il Volo」はイタリア出身の若者3人で結成されたグループで
2009年頃、彼らがまだ14~16才位の時にコンテストに
それぞれがソロで参加して、審査員たちに絶賛されたことが始まりです。

 

その後、直ぐに3人は一緒に活動することを決めて、
翌2010年にはアルバムを発表し、イタリア音楽界で大ヒットしました。
(この時、3人は日本で言えば高校生ぐらいの年なんですね)

 

2011年には世界デビューを果たしました。

 

米国ビルボードではトップ200に10位で初登場、最高6位、クラシックアルバムチャート1位を獲得!

 

当然ヨ-ロッパ圏内でも受け入れられ、スターの仲間入りを果たしています。

 

2012年には、「プラシド・ドミンゴ」と共演したセカンドアルバム「We Are Love」を発表。

 

全米クラシックチャートで3位、スペイン語バージョンは
全米ラテンポップチャートで1位を獲得しました。

 

2015年には「サンレモ音楽祭」で歌った「グランド・アモーレ」が対象を獲得!

 

2017年には、初めて日本でコンサートを開き、大盛況だっと言われています。

 

この様に、日本での一般的な注目度は低いかもしれませんが、
TVに毎回出てくるアイドルたちにヘキヘキしている音楽ファンにとっては
とても魅力的で、且つ各楽曲の構成がドラマティックで
感動的なメロディーが多く、「Il Volo」にはまっている
隠れ音楽ファンが日本には沢山いるもとの思われます。

 

上っ面のカッコよさだけで、歌下手なアイドルに飽きた人。

 

本当のプロの音楽家の曲に感動したい方には大プッシュしたいアーティストです。

 

 

CD 🄭

 

 

グランデ・アモーレ(初回生産限定盤)(DVD付)