スポンサーリンク

official髭男



探偵物語のメインテーマはWの悲劇

デビュー作の「野生の証明」で初めて見てから
結構好きな女優さんなんですけど、
中々、歌わなかった人でもありますね。

 

そんなわけで、今回は「薬師丸ひろこ」さんです。

 

私的にはこの人の声質が好きで、
神経を逆なでする感じが微塵もなく、
全くの癒し系のマイルドヴォイスに包まれることに
幸せを感じてしまいます。

 

結構、歌手活動も長いのですが、
今回は初期作品を集めてみました。
(というより、自分の好きな曲ばかりなんですけど)

 

セーラ服と機関銃

 

「赤川次郎」原作のコメディ―映画ですが、
作詞:来生えつ子
作曲:来生たかお作曲

後に「長澤まさみ」や「橋本環奈」がカバーしています。

 

今だに違和感があるのは、タイトルと歌詞の内容が
ミスマッチしている気がするんです。
(本当は別のタイトルがついてたかもしれませんね)

 

 

探偵物語

作詞:松本隆
作曲:大瀧詠一

 

ミドルテンポで映画の中の通り
結ばれない二人の危うい関係が
見事に表現されていますね。

 

 

メインテーマ

 

片岡義男の原作の映画化と言われていますが、
どうやら、オリジナル脚本の映画のようです。

 

作詞:松本隆
作曲:南佳孝

 

作詞は「探偵物語」と同じですが、
作曲が「南佳孝」に変わりましたね。

 

「南佳孝」が自分が歌う時の本人らしさが
全く香らない曲も珍しいなァっておもいましたね。

 

個性の強いアーティストの場合、
どっかに本人らしさって香ってくるんですが
この曲に関しては以外の一言でした。

 

Woman”Wの悲劇”より

 

作詞:松本隆
作曲:呉田軽穂(松任谷由実)

 

これは、私見ですが「松任谷由実」って人は
他人に書き下ろした曲に多くの名曲があるんですね。

 

ご自身のアルバムもいい曲が多いんですが、
何故か、他人に歌わせるための曲が良いってすごい事なんですね。

 

 

Blu-ray 📀

 

薬師丸ひろ子コンサート 2018 (Blu-ray)