スポンサーリンク

official髭男


人恋しくなる季節だから聞きたくなる

肌寒い日々が続くと、何故か人恋しくなるものですね。

今年も想い人を得られなく、寂しいクリスマスを送る人に贈る
国内アーティストのバラードを集めてみました。

風 あの唄はもう歌わないのですか

ショーヤンこと伊勢正三は、1975年「かぐや姫」解散後、
元猫の大久保和久とデュオグループ「風」を結成しました。

「あの唄はもう歌わないのですか」は
「風」2枚目のアルバム「時は流れて」に収録されている曲です。

シングルカットもアルバムより先に発表されました。

 

N.S.P  夕暮れ時は寂しそう

N.S.Pはアマチュア時代、ロックバンドで活動をしていました。

その時のバンド名は「New Sadistic Pink」でしたが、
デビュー曲がフォーク調の為、敢えてバンド名を
「N.S.P」に変えました。

1972年のデビュー曲は「さよなら」で注目されました。

「夕暮れ時はさみしそう」は1974年の曲で
オリコンで11位のヒット曲になりました。

 

とみたいちろう 12時過ぎのシンデレラ

この曲は1973年に発表された
「とみたいちろう」のデビューアルバム
「Take1」に収録されていた曲で、
深夜のラジオから流れていたのを覚えています。

最近は昭和歌謡を流すBarが増えていますが、
この曲を知っている人に出会ったことがありません。

無名ながら隠れた名曲と言えるのはこの曲の事ですね。