スポンサーリンク

official髭男


Live with Japanese Philharmonic Orchestra – Full

ポピュラーなアーティストがフルオーケストラを
バックに演奏や歌を歌う事はありますが、
「マエストロ」としてオーケストラと共演した
アーティストはほとんどいないと思います。

 

私の知る限りでは、今回取り上げた「Yngwie J. Malmsteen」しか知りません。

 

ロックバンドが昔からよくやっていたことは、
フルオーケストラをバックに自分たちの楽曲を
演奏するスタイルです。

これは、オーケストラとの共演というより
只単に、音を厚くしただけの事で、
オーケストラと丁々発止のスリリングな
演奏を展開することとは違います。

 

「Yngwie J. Malmsteen」は作曲した曲を
協奏組曲の形でギタリストがまるでヴァイオリニストのように
指揮者の指揮の元、アドリブプレーをカマスなんてことは
稀にクラシックではあることですが、ある意味衝撃的な事件でしたね。

 

これは、演奏するギタリストが如何にクラシックの造詣が
深くなければできないことです。

 

エレクトリックギターによるギター協奏曲の構想を
練り上げた「Yngwie J. Malmsteen」は歴史に残るギタリストの一人である。

 

DVD 📀

コンチェルト・ライブ・イン・ジャパン
・ウィズ・新日本フィルハーモニー交響楽団