スポンサーリンク

official髭男


オリジナルも決して悪くないのにねェ

 

The Power of Love( Original Song)

 

この「The Power Of Love」をオリジナルとしてリリースしたのは
「Jennifer Rush」ですが、本家より、他のアーティストのカバー曲として
聞いた方は多いと思います。

例えば「ローラ・ブラニガン」「エア-サプライ」「セリーヌ・ディオン」などが
良く知られています。

この曲がリリースされたのは1984年で、
ヨーロッパやイギリスでは1位でチャートインしましたが、
何故かアメリカでは、受け入れられず、
ビルボードの年間ランキングTop100にも入りませんでした。

チャートの話をすれば、「セリーヌ・ディオン」
1994年に1位を獲得。

「ローラ・ブラニガン」が1988年に26位を獲得しています。

 

正直言ってオリジナルを歌った「Jennifer Rush」
表現力豊かで、「セリーヌ・ディオン」「ローラ・ブラニガン」
比較しても全く遜色ないのですが、「華がない」とでも
いうのでしょうか?

アメリカで受けなかった理由が良く分かりません。

才能が有っても、アメリカでは受け入れられなかった
悲しい事例の一つですね。

その代わり、ヨーロッパでは人気が出て、
活動の場はアメリカからヨーロッパに変わりました。

 

Jennifer Rushについて

「Jennifer Rush」は1960年9月にアメリカのクイーンズで生まれました。

「Jennifer Rush」の父親は声楽家でしたが、幼いころに
良心は離婚をし、幼児になるまで母親に育てられました。

その後父親と暮らし始め、ジュリア―ド音楽院でヴァイオリン、ピアノを学びましたが、
あまり好きになれなかったようです。

代わりに彼女が好んでプライベートで手にした楽器はギターでした。

 

デビューしたのは1979年、その後ヨーロッパへ

ワシントン州シアトルで「Jennifer Rush」
最初のアルバム「ハイジ」がリリースされました。

1982年には、父親がドイツでオペラ歌手として活動していたこともあり、
アメリカからドイツに移りました。

この頃から、多くの作品を発表し、ヨーロッパで少しづつ知名度が
上がっていきました。

この頃の主な作品は、「リングオブアイス」、「デスティニー」、「アイカムアンドゥン」、
「マドンナズアイズ」、「フレイムズオブパラダイス」( エルトンジョンとのデュエット)や
「 私はあなたを愛した 」( プラシド・ドミンゴとのデュエット)、「ハート・オーバー・マインド」、
「あなたは私の唯一無二」、「永遠に生きたい人」( クイーンの ブライアン・メイとのデュエット) 、
「Amigos Para Siempre」(ホセカレラスとのデュエット)など有名アーティストとの
ジョイントもこなしていました。

1985年には、「Jennifer Rush」の代表作となる「The Power Of Love」
リリースされ、ギネスブックに歴史上女性ソロアーティストによるベストセラーシングル」と
登録されるに至りました。

 

アメリカで再チャレンジをするも

ヨーロッパ、イギリス日本などでかなり高い評価を受け
多くの曲がチャート1位を果たした「Jennifer Rush」アメリカで
成功するため、1999年に戻ってきました。

しかし、残念ながら思うような成果を出せず、
アルバムセールスは伸び悩み、失意の日簿を過ごしました。

 

幸いなことに、ヨーロッパ、イギリスで評判だった曲をクラシカルにアレンジを変え、
1998年にリリースしたアルバムの評価は良く、コンサートツアーも成功に終わりました。

1999年以降は、主だった活動を控えていましたが、2006年にロンドンに移住し、
カムバックアルバムを制作し発表しています。

 

Jennifer Rushの未来

結局、「Jennifer Rush」は、アメリカでは成功には至りませんでしたが、
多くのアーティストの愛さえる今日を書いた素晴らしい人なんですね。

ロンドンで、音楽活動をされているようですし、
今後も素敵なアルバムをプレゼントしてくれることを願うばかりです。

最後に「The Power Of Love」をカバーした
2組のアーティストの動画をご覧ください。

 

Céline Dion

 

Laura Branigan