未来

に怒るだろうある特定の状況を前もって経験することが出来たら、
どれだけストレスを感じずに、対応できるのにって思ったことはありませんか?

「NLP」では「未来ペーシング(future-pacing)」という技法があります。

「未来ペーシング(future-pacing)」とは、
自分が望む未来の状況を想定しつつ(意識の状況も想定します)、
自分の意識の中でリハーサルを行うことです。

簡単に言うと
「未来のある状況に置かれた自分になりきって、
その状況下をリアルの感じてみる」ことを言います。

未来に起きる状況を予め、ロールプレーイングする感じですね。

この時に注意することは出来るだけ現実的に
その場面を思い描いて、どのような行動をするか、
どんな会話を交わすかや音はするか?何を感じるかなど
その状況下にいる自分になりきることです。

未来

に怒るだろうある特定の状況を前もって経験することが出来たら、
どれだけストレスを感じずに、対応できるのにって思ったことはありませんか?

「NLP」では「未来ペーシング(future-pacing)」という技法があります。

「未来ペーシング(future-pacing)」には、主に2つの役割があり、
一つはこれまでに習得した「アンカリング」や「リフレーミング」「タイムライン」などの
「スキルを確認するため」です。

もし、あなたがスキルによって新しいリソースで「未来ペーシング(future-pacing)」した際、
不安要素を感じたら、スキルに何らかの不足があることが判ります。

その時は、不安を感じたスキルに戻り、修正して、
再度「未来ペーシング(future-pacing)」を繰り返すことで
実際の状況で慌てることを回避できるようになります。

もう一つの役割は、「イメージリハーサル」です。

未来に向けてのリハーサルと言えるでしょう。

「NLP」の前提では、
「心と身体は一つにつながっている」と考えています。

心で感じた変化は体にも変化をもたらすと考えています。

心で繰り返した未来のイメージから受けた変化が、
体の準備体操になるという事ですね。

実際の状況に置かれた時に、
「イメージリハーサル」通りに事を運べば、
初めての事であってもさほど驚くことも無く
無事に対応できるでしょう。

最後までお読み頂き誠にありがとうございます
あなたの願望や夢は必ず実現すると信じております。
翔望