課題

を解決させたいけど
迷っている時に有効な解決技法があります。

 

「NLP」では「S.C.O.R.Eモデル」と呼んでいる手法です。

 

「S.C.O.R.Eモデル」とは、問題解決や目標達成を5つの視点から確認し、
情報を整理し、解決に確実な一歩を見つけ出す手法です。

 

1:
「S」「Symptom」「現状」を意味します。

 

現状何が起きているか、引き続き起きている状態の確認をします。

 

2:
「C」「Cause」「原因」を意味します。

 

「現状」が起きた要因は何かを把握します。

 

何らかの悩みや壁・行き詰まりを感じる時、そこには
必ず「原因」が存在しているものです。

 

その「原因」を詳細に知る必要があるでしょう。

 

3:
「O」「Outcome」「目標」を指します。

 

目標や望むべき結果・ゴールを言います。

 

「自分はどうしたいか(なりたいか)」
「現状と違う望む結果や状態は何か」などを意識します。

 

4:
「R」「Resouce」「NLP」では「目標達成に必要な変化」と意味します。

 

「現状」「変化」させることが出来る要因を見つけます。

 

自分が目指す目標を達成した人や問題を解決した人を知っていることも「Resouce」です。

 

5:
「E」「Effect」「結果」を指します。

 

目標を達成した時に起きる影響を意味しています。

 

この場合、プラスとマイナスの2つの側面を考えます。

 

どちらであっても
「結果は変化を起こすモチベーションに影響」することは
念頭に意識する必要があります。

 

上記の5つの視点を自由に使う事で問題の解決や目標達成の
糸口を捕まえることが出来るようになります。

 

最後までお読み頂き誠にありがとうございます
あなたの願望が必ず実現すると信じております。
翔望